2022年04月14日

2022年4月13日水曜日 令和4年度第1回4月度社内連絡会議・安全衛生会議WEB開催致しました

先月同様、年度末や竣工に向かう時期と云う事で皆さん打合せ、現場行事が多くある中では有りますが、遣り繰りして頂き大勢の社員が参加出来ました。

 

1日から入社のKさんも会議に参加してくれました。

当社員と会うのは会社説明会以来になり、入社が決定してからは新型コロナウイルスの感染症の関係で事前にコミニュケーションが図れなかったので、初お披露目となりました。

 

今後の1年間は工務部先輩の直接現場研修、夏以降はお取引先のきんでん様の研修でお世話になり、2年目からは新築工事の現場に配属されます。

 

会議の内容は毎月同様で各担当より現場の進捗状況と、話題になっている事、その他技術的な情報や災害事例について情報交換して社員で共有しました。

 

 その他は業界団体やその他ゼネコン各社様の発信された、現場での発生、過去の災害発生状況のデータやキーワードを参考にして安全・衛生に付いて情報交換・危険予知トレーニングを行いました。

 

クレームトラブル等の事例も、竣工後の改修工事の際に起こして仕舞う事例もご紹介が有ったものを参考に、社員と共有致しました。

 

今月末からの大型連休の各現場の対応等々を確認しました。

まだ詳細な情報はありませんが、竣工前の現場が2件ありますので、連休とはいかないかもしれませんが、振替休暇、有給休暇を利用して後ほど体を休めて頂きたいと思います。

 

当社の稼働現場数は2現場ですが、今後大きなランドマーク的な物件が数件控えており、準備も始まっております。

 

新型コロナウイルスに関してのまん延防止等重点措置の適用が3月21日で解除されましたが昨日の感染者が東京都内でも8253人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表されました。

 

第6波といわれる新型コロナウイルスの感染者は一時漸減傾向にありましたが、入学や転勤、年度末・年度初めにおける社会経済活動の活発化に伴い、そして花見など観光シーズンに入ったことなどにより、全国的にも再拡大の兆しが見え始めています。

 

コロナ発生から3年目となり、社会経済活動を長く制約することにも限界があり、世界各国もそうであるように、人々の間にコロナとの共生、いわゆるウィズコロナという意識が強くなっているように感じられますが、コロナウイルスが存在する限りにおいては、相応の注意が必要と云われております。

 

我々の働く建設現場は全面的な閉鎖が難しい職場です。

 

置き換わりが進んでいるオミクロン亜系統BA.2株は感染力が強いということで、その多くは特定の箇所におけるクラスターとその家族の感染という傾向があるとの事です。

 

きんでん様のお陰で全社員が3回目の接種も4/14には完了致しますが、引き続き感染対策は緩めず、我々は休日きちんと体を休めて、家庭内でも外でも3密を避けてうがい、手洗い、マスクの着用を引き続き行う事で感染しない、させない様に対策していきます。

 

来月度は5/11(水)に開催予定です。引き続き宜しくお願い申し上げます。